ツルハシ薬局ブログ

地域密着のドラッグストアを目指す

ドラッグストア「ツルハシ薬局」では、日々地域の人達の健康のため便利な医薬品や日用品を販売しています。

おかげさまで出店以来順調にお客様の来店数も増えており、最近では常連の方から気軽に健康や製品についての問い合わせを受けるようになりました。

当ツルハシ薬局はもともと調剤薬局としてスタートをした小さな店だったのですが、ここ近年の急激な薬剤販売の変化により、それだけでは地域のニーズにこたえることができなくなってしまったため、思い切ってドラッグストアとして営業形態を変化させるという方向転換をはかったという経緯があります。

調剤薬局として営業をしていたときには訪れるのは病院で診断を受けてきたばかりの患者さんが大半だったのですが、ドラッグストアに変更してからは日用品を購入に来る健康な方も増え、毎日の健康維持のための製品を好んで購入されているのを見かけます。

最近はかなりお客さん全体が健康に関しての意識を高くもち、相当詳しい知識を備えておられるようで、私達薬局のスタッフも日々勉強をしていく必要を感じています。

実はコンビニよりも調剤薬局が多い

当店が調剤薬局からドラッグストアに方向を転換をしたのには理由があります。

それは国内において薬局というお店は非常に数が多く、ほとんど飽和状態になってしまっていたということです。

2012年の調査ですが、国内の薬局数の数は約55000店舗であったのに対し、同じ時期のコンビニエンスストアの出店数は44000店舗とかなりの違いがありました。

私達は普段町中を歩いていてコンビニをあちこちに見かけるのですが、実際には薬局の方がそれよりもはるかにお店の数が多かったということです。

しかし薬局というのは基本的に病気や怪我をした方が訪れるところですから、健康な方が日用品を購入に来るコンビニよりも潜在的なお客さんの数は圧倒的に少ないということになります。

そもそものドラッグストアという店舗形態が登場したのもこれと同じ理由なのですが、今後は健常者と患者といったはっきりした区別でお客さんを分けるのではなく、両方にとって使いやすい施設を目指していくということが薬剤関連業界における共通した認識と言えます。

薬剤師のいるドラッグストアという強み

ところで町中には数多くのドラッグストアが見かけられますが、その全てのお店に薬の専門家である薬剤師がいるわけではありません。

薬剤師は調剤薬局のように医薬品を取り扱うお店では必ず常駐をしていないといけない資格者ですが、市販の薬で第一類医薬品という効き目の強い薬品をおかないお店であれば必ずしもおかなくてもよいというふうに定められています。

薬剤師は一般のアルバイト定員よりも人件費が高くなるため、あえて第一類医薬品をおかないという方法で営業をしているドラッグストアもあるようです。

ですが当店では薬剤師人材を常に店内に置くようにし、常にお客さまたちからの薬の相談や調剤依頼を受け付ける事が出来る体制をとっています。

仮に分類上は薬剤師が必ずしも必要ではない薬品類や健康食品も、薬のプロである薬剤師がいることでより適切な商品説明をすることができるというのは大きな当店の強みと思い、調剤薬局の頃からのスタッフをそのままおいています。

このブログでは薬剤師のいるドラッグストアとして、薬剤についての簡単な説明などをしながら、ドラッグストアというお店の内情などを説明していきたいと思っています。

できるだけ堅苦しい内容にならないように心がけていきますので、もし取り上げてほしい話題などありましたら気軽に店内のスタッフにご連絡ください。

【カテゴリ】
お仕事
雑談
商品紹介