エスタックイブファインの特徴と主な効能

風邪薬で有名な「エスタックイブファイン」ですが、こちらはエスエス製薬で製造販売をされている商品です。

エスエス製薬の風邪薬は「エスタックイブ」シリーズとして数種類が販売されておりその中でも総合的な効き目があるとして最初におすすめされるのが「エスタックイブファイン」となっています。

ちなみに姉妹品として熱や喉の痛みに効く「エスタックイブFT」や、鼻風邪に効く「新エスタックイブ・エース」、喉の痛みや寒気に効く「エスタックイブ」があります。

風邪をひいたかな?と思って薬を選びに来たお客さんにとっては同じようなパッケージでエスタックシリーズがずらりと並んでいるとどれを選ぼうかと迷ってしまうところですが、とりあえず軽い症状をおさえたいということなら「エスタックイブファイン」が一番おすすめとなります。

「エスタックイブファイン」では風邪の症状として代表的な11の諸症状を緩和できる成分がまんべんなく含まれているのでうまく症状を伝えられない高齢者にもおすすめできます。

こんな症状の時におすすめ

「エスタックイブファイン」は大変効果が強い薬であるため、15未満の子供は服用をしないこととされています。

大人でも1日3回、30分以内に3錠ずつ飲むこととされており過剰な摂取などは控えるようにしてもらいたいです。

主な成分となっているのは頭痛や発熱に効く「イブプロフェン」、鼻水や鼻づまりに効く「ヨウ化イソプロパミド」、咳や痰に効く「アンブロキソール塩酸塩」の3つです。

注目なのは最後の「アンブロキソール」で、これはもともと医療用薬品として使用されていたものを市販品に使うようにしています。

非常に効能が強く市販薬にしてはかなり効果を実感できるので、素早く症状を抑えたいという人にはこの「エスタックイブファイン」はおすすめです。