ガスター10について

ガスター10は胃腸薬であり、H2ブロッカーと呼ばれるタイプに分類されます。
効果は胃酸の過剰な分泌を抑えますので、頭痛などを抑える薬と根本の効果は違います。
H2ブロッカーは胃の中の受容体にくっつき、ヒスタミンの受容をブロックすることによって、胃酸を分泌させる信号を抑えます。
過剰な胃酸分泌を抑えられるために、胃痛や胸焼けやもたれやむかつきなどに効果的です。

使用は15歳未満または80歳以上の方は服用できず、症状が出たときに1回1錠服用します。
服用後8時間経っても症状が改善しないときは、もう一度1錠服用します。
そして1日には最大で2錠まで服用可能です。
水無しで飲めるタイプとなっており、少量の唾液で溶けるようになっているので、症状が出た場所にかかわらず服用が出来ます。

使用して3日経っても症状が出ていたり酷くなっているなら、使用を止めて病院に行きましょう。
そして2週間以上続けての使用は止めましょう。
使用を続けると病気の早期発見を遅らせることもあるので、使用しても改善しない場合は病院に行くべきです。

第1類医薬品として販売されており、ドラッグストアや薬局で購入が出きます。
元々は医師の処方箋がないと服用できなかった成分ですが、市販薬として購入できるようになりました。
ただし第1類医薬品なので、ドラッグストアや薬局で購入するときは、薬剤師からの説明を受けないと買えません。

また必ず使用するときは容量と用法を守って使用し、無理に長く使用しない方が良いです。
副作用が出やすい薬なので、使用すればするだけ体に何らかの影響があります。
症状が改善しないからといって多めに飲むのは止めた方が良いです。

副作用

ガスター10は、副作用の大きい薬です。
主な副作用としては、便秘や軟便や下痢や口の渇きなどがあり、その他にも発疹や脈の乱れや発熱やだるさなども出ることもあります。
高齢者なら長期服用すると副作用が出やすいので、症状を見ながら注意して使うべきです。

アレルギー反応も稀に出ることもあり、下記の重篤な症状がその例です。
これはガスター10に限らず、どのような薬でも出る可能性があり、いつもと違う症状が出たら病院に行きましょう。

・アナフィラキシー症候群
・皮膚粘膜眼症候群
・中毒性表皮絵師融解症
・横紋筋融解症
・肝機能障害
・腎障害
・間質性肺炎
・血液障害

また以下に該当する方は服用できません。

・過去にH2ブロッカーの薬でアレルギーが出た方
・血液の病気や肝臓や腎臓や心臓の病気、ぜんそくやリウマチのある方、ステロイド剤や抗がん剤や他の胃腸薬を使用している方
・妊娠中の方
・授乳中の方
・15歳未満または80歳以上の方