ドラッグストアに求められる役割

店舗数が年々増えており、今も成長を続けているドラッグストア業界は、今後の社会基盤を担う役割としても期待されています。
政府はセルフメディケーションを推進しており、その役割の一環としてドラッグストアに期待しているのです。
セルフメディケーションは自分自身で健康を管理することであり、高齢化による医療費高騰に対する解決策の一環として推進しています。

ドラッグストアは、店舗展開が広範囲で全国にあり、店舗内に薬剤師を抱えており、医薬品を多数取り扱うことから、セルフメディケーションの推進にはとても適している存在になります。
しかし高齢化になると、店舗まで買いにいけないお年寄りが出てきますので、その対応策が求められます。

ドラッグストア業界自体は売り上げは伸びていますが、その伸び率は鈍化しています。
それはインターネットによる薬の通販やコンビニでの医薬品扱い、スーパーマーケットなどでも特定保健用食品の扱いなどがあり、これにより消費者のニーズは各店舗に分散しています。
このような状況を改善するために、ドラッグストア自体の流通の見直しが求められます。

ドラッグストアの専門性

ドラッグストアが今後も成長を続けていくには、専門性を高めることが必要とされています。
消費者にとっては、ドラッグストアは営業時間や家からの距離により利用していることが多く、特定の商品のために利用するよりは、家に近く遅くまで営業しているので立ち寄るという方が多いです。
ドラッグストアは医薬品を専門的に扱いますが、その専門性を消費者に十分には認知されていません。

このことはドラッグストア業界にとっては課題であり、専門性をどのようにして消費者に理解していってもらうかが大切になります。
専門性を浸透させることにより、他の業界との差別化を図ることが出来、今後の成長にも繋がります。

そのために対策としては、薬剤師などの専門的な人材の育成、お客さんが相談しやすい環境作り、お客さんへの情報提供を充実させる、などのことを行っていく予定です。
スーパーマーケットやコンビニにはない商品や医薬品を扱っているので、今後専門性を高めることが出来れば、ドラッグストア成長も期待できます。

ただし高齢化社会になりますので、専門性を高めるだけでは不足であり、その専門性を高齢者にどのように認知して広めていくか、店舗まで来られないお年寄りのために商品宅配サービスを行うなど、今後の高齢化社会への対応も求められます。
地域やコミュニティと連携もしていき、地域密着型の店舗として発展していけば、さらに消費者にも利用しやすく、ニーズを最大限に取り入れた店舗が出来ます。