薬嫌いを克服させるゼリー

薬の中でも錠剤は飲みにくいものであり、特に子供は嫌がって服用しません。
それは水で一気に胃にかきこまないといけないというのと同時に、薬自体の苦い味が嫌いという子供も少なくありません。
そんな子供を持つ親は、どうにかして薬を飲ませようと四苦八苦します。
抗生物質などは苦みが特に強いので、お子さんが口に含むと泣きわめく場合もあります。

何とか苦みを抑えようと、アイスクリームやヨーグルトと混ぜてみたりして飲ませる親もいますが、これはカルシウムが薬を吸収し効果を低下させるので、おすすめできません。
また食べ物に苦みが付いて、その食べ物を嫌いになる可能性もあります。
ジュースに混ぜる方もいますが、これも似たような理由でおすすめできません。

そんな薬嫌いの子供などが、スムーズに錠剤を服用できるように開発されたのは服薬ゼリーです。
服薬ゼリーは、その名の通りゼリーであり、いちごやみかんなどの味が付いています。
錠剤を子供に飲ませるときは、このゼリーで錠剤を包み、一気に子供の口に入れて飲み込んでもらうのです。
ゼリーが錠剤の苦みをなくし、オブラートのように錠剤を包み、舌に錠剤がくっつかないようにするので苦みを感じることもありません。
また水分の多いゼリーなので、喉をスムーズに通過し飲みにくいということもありません。
ヨーグルトなどと違い、相互作用もなく薬の効果を低下させる心配もありません。

服薬ゼリーの使い方

服薬ゼリーは、色々なメーカーから販売されており、スティックタイプや1回使い切りタイプなどがあります。
また味もピーチやレモン味などフルーツの味の他に、チョコレート味もあります。
特に苦みの強いに抗生物質の錠剤は、フルーツ味では完全に苦みを取り除けないので、チョコレート味のゼリーを使うこともおすすめします。

使う場合は、スプーンを用意し、その上にゼリーをのっけて、ゼリーの中に錠剤を置いてゼリーで包みます。
そしてそのまま一気にかきこんでごくんと飲みます。
使い方はこれだけであり、とても簡単に錠剤を飲むことができるようになります。

スティックタイプだと1回1本で使い切りになっており、パックタイプだと使う度に取りだして使います。
スティックタイプだと使い切りので衛生的であり、パックタイプなら3日から長くても1週間以内に全部使うようにしましょう。
食品なのであまり長持ちするようなものではなく、使わないときは冷蔵庫で保管します。
冷凍保存は出来ません。

子供にもゼリーの味の好き嫌いがあるかもしれないので、いくつかの種類の味のゼリーを買ってみるか、1パックに数種類の味のゼリーが入っているタイプを買ってみると良いでしょう。