薬剤師の平均給与額について

薬剤師は資格取得までに時間のかかる高難易度の資格であることから、勤務をする場合の給与もかなり優遇される傾向にあります。

薬剤師としての勤務先は主に病院施設、調剤薬局、市販の薬局・ドラッグストアなどの店舗、製薬会社などの一般企業というふうに分類ができます。

その他にも大学に残ったり研究機関に就職したりして研究者となる人もいますが、薬剤師全体でみるとごく一握りの人に限られています。

中でも最も人数が多いのは調剤薬局への就職となっており、ついでドラッグストアや薬局などのお店、病院での病棟勤務といった順番になっています。

製薬会社で勤務をする場合には、正確には薬剤師業務とは言えないMRや治験といった業務を担当することが多いため、ここでは「薬剤師としての給与」とは別として一旦除外をすることにします。

薬剤師として勤務をした場合の平均給与は、約510万円程度とされています。

月収ベースでいうと約30万円程度、また月収とは別にボーナスを年に2回80万円程度受け取るというのが平均的とされている額です。

最も多い年収はドラッグストア勤務

どの業界もそうですが、平均年収というのはあくまでも平均値であり、実際には同年代であってもかなり年収額に幅があるのが一般的です。

薬剤師業界の常識としては病院勤務のような長期的に勤務をされることが前提となっている職種ほど初任給は安く、昇給をしていくことで高くなっていくという傾向があります。

一方で調剤薬局やドラッグストアなど薬剤師として即戦力がある人を優先的に採用する現場においては最初の給与額からかなり高めの設定となっているのが一般的で、大手の薬局などになるとかなり高い額を転職してすぐから受け取ることができたりします。

ただ残念ながらそうした即戦力を求める職場になるほど離職率が高いというのも数字として既にわかっていることで、実力のある薬剤師になるほど転職を繰り返して年収をアップさせていくという方法をとっていきます。

薬剤師としてトップクラスの年収を得ているのが、病院勤務で薬剤部長クラスになった人や、調剤薬局・ドラッグストアで店長クラスになったような人です。

そうした管理職や経営者となると同じ薬剤師でも年収は一気に700~800万円くらいにまで高くなります。