調剤薬局によって価格は変わってきます

当店はもともと調剤薬局であったのですが、より多くのお客様のニーズに答えたいということで日用品なども扱うドラッグストアに店舗変更をしたという経緯があります。

お店の大部分はドラッグストアとして営業をしていますが、内部には調剤薬局としてのブースも残しており通常の薬局と同じように処方箋を受けて薬を調剤することができるようになっています。

営業時間はドラッグストア本店舗よりも少し短くなっていますが、近くの病院の外来診療時間に合わせて開店しておりますので気軽にお立ち寄りいただきたく思っています。

ところで調剤薬局として長年営業をしてきた身として強く感じるのが、案外調剤薬局によって料金設定が異なるということが知られていないということです。

これはおそらく法律が改正される前までの、病院で診療を受けた後そのまま院内で薬を受け取るというシステムが関係しているのではないかと思われます。

健康保険を使用した場合、薬代金も保険の範囲内でおさまるのでそれほど高額になるということはあまりないのですが、それでも長期的に服用する薬がある場合にはよりよい調剤薬局を見つけてかかりつけにしておくことでより医療費を安くすることができますので、ぜひ比較をしてみることをおすすめします。

調剤基本料による料金の違い

調剤薬局ごとに料金が異なるのは、まず「調剤基本料」という調剤を利用しただけでかかる料金がお店によって異なる設定をしているためです。

「調剤基本料」は別名「調剤技術料」として算定されていることもあり、どちらも1回あたりの調剤を行う薬剤師の技術料として加算されるものです。

技術料なのでどこで受けても同じと思う所なのですが、これが案外薬局によってかなり違った取扱をされているので、たまに違った場所で処方をしてもらったら驚くほど違う数字をしていたなんてこともよくあります。

その調剤薬局の「調剤基本料・調剤技術料」がどのくらいかは薬を受け取った場合の明細書に記載されているので、捨てずにとっておくことをおすすめします。

なお調剤薬局で発行される明細書はレセプト用に「点」で計算されています。

この調剤技術料や調剤基本料は出す薬品が後発医薬品(ジェネリック医薬品)であるかどうかなど細かい規定によって数値が変わってくるためあまり詳しくは書けませんが、とりあえず同じ内容で調剤を依頼してもその店の方針や算定方法によりかなり異なるということは覚えておいてください。

お薬手帳は必要かという議論

もう一つ薬代を大きく異ならせる原因となってるのが「お薬手帳」という本人の薬歴を記録した書類です。

本来この「お薬手帳」は、薬歴を明らかにすることで副作用などを予防し、適切な回数で薬を出すものだったのですが、最近では発行時や更新時に料金を発生させ、訪れた人に無理に作らせるといった方法をとる調剤薬局もあるようです。

「お薬手帳」は先の震災時に被災者に適切な薬を調合できるという大きなメリットをもたらしたものだったのですが、維持管理に費用を発生させるという営業方法については今でも議論が分かれるところです。

調剤薬局の中にはそうした発行や更新に料金を設定しないなど良心的な運営をしているところも多いので、そうした無駄な手数料があるかどうかも調剤薬局を選ぶ一つのポイントになります。