スタッフ同士の連携を高めるために

当店ではドラッグストア内に一般の製品販売と調剤薬局の2つのブースを用意していることもあり、中で勤務をするスタッフにも分業の体勢をしいています。

具体的には、ドラッグストア内の販売をするレジと調剤薬局での会計事務をくっきりと分けて、訪れるお客さんがどちらを利用するかということを選べるようにしているという形です。

ただし同じお店ですから2つの部署が全く違った作業をするのではなく、朝は同じように朝礼をしますし、専門的になり過ぎない範囲の事項なら正社員もアルバイトも問わずにできるだけ全体で情報を共有するようにしています。

というのもお店を始めた頃はもっとはっきり分業体制をしいていたのですが、訪れる高齢のお客さんにとってはそんな窓口の都合はあまり関係ないようで、レジの人に薬のことを尋ねたりすることが多く、そのときの聞き間違いや勘違いによってミスが起こってしまうことがあったためです。

そのため当店にアルバイトで入る人は最初は薬品の用語など覚えることが多く戸惑うこともあるのですが、しばらく勤務をしていくことで薬剤の勉強をしたことがなくてもかなり薬に詳しくなることができます。

アルバイト期間中にとってもらいたい資格

こうした営業上で得られる知識をそのままにしておくのももったいないと、当店ではアルバイトの人にも「登録販売者」としての資格を取得することを推奨しています。

「登録販売者」とは薬剤師の資格制度が大きく変更された2009年に同時に制定された新しい資格であり、医薬品ではないOTC医薬品など市販薬として販売される薬を販売することができる免許のことです。

薬剤師として免許登録をするためには最低6年の学習課程と難しい国家試験を受けなければいけないのですが、この「登録販売者」は学歴に関係なく誰でも受験ができるというところに特徴があります。

資格の難易度も簡単すぎるということはありませんが、薬剤師資格に比べるとかなり難易度は低くまじめに勉強をすれば中卒~高卒くらいの学歴でも合格することが十分に可能です。

「登録販売者」は薬剤師ほど強力ではありませんが、市販薬だけを扱うドラッグストアに勤務をしたり、場合によっては自らお店を開くこともできる汎用性の高い資格となっています。

何よりもドラッグストア店員としてきちんとした知識があるという証明になるため、個人的にもできれば全員に取得をしてもらいたいと思っているところです。

学生時代に取得をして就職に生かした人も

当店に勤務するアルバイト全員に対して登録販売者資格を推進していることもあり、中には大学に通いながら別にこちらの資格の勉強をして就職活動の前に取得したという人もいます。

その人はかなり優秀な学生さんだったのですが、資格を取得したことでより自覚を持って仕事にあたっていただき、大変お店としては助かりました。

現在では地元に帰られたそうで別の仕事をされているとのことですが、登録販売者の資格を取得して本当に助かったというようなことを引越し前に言われました。

当店では資格を取得すると資格手当として時給額を若干上げる制度をとっていますので、これからもどんどんバイトの人たちにはチャレンジをしていってほしいですね。