ドラッグストアでの薬剤師の役割

現在ツルハシ薬局では、薬剤師資格を持った人材を募集しています。

既に何件か問い合わせはいただいているのですが、残念ながら条件面や必要なスキルで折り合いがつかずなかなか採用に至らないというのが現状です。

そこでドラッグストア勤務を考えている薬剤師さん全般のために、よく問い合わせなどを受けるドラッグストア内での仕事内容について詳しく説明をしてみることにします。

まずドラッグストア勤務の薬剤師で必要となるのは総合性であるということが特徴です。

病院や調剤薬局勤務の薬剤師の場合には、取扱されるのは医薬品として分類されるものがほぼ100%なのですが、ドラッグストアの場合は医薬品だけでなく「OTC医薬品」と呼ばれるような市販薬やその他の日用品が含まれます。

「OTC医薬品」とは、別名「大衆薬」や「家庭薬」と言われる薬のことで病院などで処方される薬品に比べて効き目は弱いものの軽い症状に効果のある薬のことです。

OTC医薬品の他にもサプリメントや健康食品、衛生製品、消毒薬など幅広い分野の品揃えに対応していかなくてはいけないため、薬剤師の仕事としても特定の分野に詳しい人よりも広く浅く多くの薬剤に詳しい人の方が向いているといえます。

ドラッグストアで働くメリット

ドラッグストア勤務をする薬剤師にとって最も大きなメリットと言えるのが「平均年収の高さ」です。

薬剤師全体の平均年収は約500万円とされていますが、実はこれは病院や調剤薬局などの勤務先により平均値にかなり差があるというのが実情です。

その中において他の職場に比べて平均年収が多めに設定されているのがドラッグストアであり、実際年収アップのために転職をされるという人も数多く見られています。

具体的な相場については他の職場の条件なども参考になるかと思いますので以下のリンクを参照にしてみてください。

参考>>ドラッグストアの薬剤師求人|「薬剤師転職ドットコム」

薬剤師資格者を優先して採用するドラッグストアの場合、大抵の場所で調剤薬局が併設されているので担当をするのは調剤業務がメインとなるはずです。

ただ当店のように基本的には調剤業務をメインとしてもらいながらも、時間帯によってはドラッグストア店内の仕事もしてもらうようなこともあるので、応募をするときにはお店ごとに条件確認をされておくことをおすすめします。

「トリアージ」と実践する薬剤師の仕事です

ドラッグストア勤務をするときにもう一つ重要になるのが「トリアージ」です。

「トリアージ」とは、薬を選定するときにお客さん自身が訴える症状だけで判断をするのではなく、歩き方や話し方、全体の様子から観察されることを元により適切な薬品選定をしていくという仕事のことです。

トリアージでは薬品だけでなく、本人にとって適切な健康食品やサプリメントについてもアドバイスをしていくことになるため、薬剤のジェネラリストとしての能力が高く必要になってきます。

病院内での難病病棟担当のようなスペシャリストのための能力は残念ながら身に付けることはできませんが、健常者を含むより多くの人を対象とした薬剤のスキルを経験から身につけることができるのがドラッグストア勤務の薬剤師という仕事の特徴です。